カテゴリ:記( 18 )

7月

b0222031_00193922.jpg


例年より早く咲いた姫檜扇水仙。
ある年から突然庭に咲き出したのは鳥からの贈り物だろうか。
by coin-utsuwa | 2016-07-14 00:00 |

Hoi an ~ Hanoi

b0222031_18184870.jpg

b0222031_21405393.jpg

b0222031_18190369.jpg

b0222031_21532214.jpg

b0222031_08440157.jpg

b0222031_18191332.jpg

b0222031_08350756.jpg

b0222031_18192348.jpg

b0222031_21483023.jpg

b0222031_18240537.jpg

皮膚に纏わりついてくる不快な湿気と騒々しいクラクション。
歩道を占拠するバイクに屋台と井戸端会議。
全く愛想のない犬たちは放し飼いか野良なのか、あるいは食用か。
かつて訪れた台湾にも似た懐かしい匂いと街並み。
食の味付けは濃いが不思議と後で喉が渇かない。
ベトナム珈琲も気に入った。
屋台のものを口にしてみたい衝動に駆られたがガマンガマン。
日本語表記などほぼ皆無であったがベトナム人が概ね親切なのが嬉しかった。




by coin-utsuwa | 2016-06-24 00:00 |

-

b0222031_13400271.jpg


庭に自生している蕗。
今年も煮物にしませう。
ん?確か八十郎が毎朝その辺りで用を足していたような・・・・
そこは避けましょう。


先日3年振りに酸化焼成。
1100℃辺りから思うように温度上がらず。
成果は20点。うーむ、もっと数をこなしましょう。
by coin-utsuwa | 2016-04-23 00:00 |

また明日

二日間在廊してきました。
特に初日の雨中、足をお運びくださいまして大変恐縮です。
会期は29日までです。よろしくお願いします。



b0222031_00004818.jpg

個展前日都内の少々レトロ感のある映画館にて
さよなら、人類』を鑑賞。
何ともブラック且つ哲学的な作品でした。
全編ワンシーンワンカットで撮影、小津映画的に全くカメラが動かない(カメラが芝居しない分疲れないが)。
しかも特に主役の中年セールスマン二人に全く覇気が無い。とくれば多少睡魔が襲ってきます。
それでもどのシーンも絵画のようにとても美しく引き込まれました。
いろんな意味でまた観たいと思う映画です。
オススメします・・・・・。
by coin-utsuwa | 2016-02-25 00:00 |

DEC.30

b0222031_19093552.jpg

戴いた時はまだ蕾だった寒桜が満開になりました。
花言葉は「気まぐれ」

我行く末は満開か散るが早いか、それは気まぐれ・・・いや己次第か。
花言葉は他に「あなたに微笑む」


by coin-utsuwa | 2015-12-30 00:00 |

DEC.23

b0222031_10432310.jpg

伊丹市立美術館へ。
彼の作品と出会ったのは10代後半から20代前半の殻に籠っていた頃。
暗い画風から死の気配が漂うことも当時の自分の心を掴まれた要因の一つか。

今回印象的だったのがデッサンの数々と
『手にデッサンのタコが出来ていないのは画家ではない』
という彼の画家としての姿勢。
by coin-utsuwa | 2015-12-25 10:42 |

.

神戸市東灘区にある「旧乾家住宅・庭園」(神戸市有形文化財・名勝)に行ってきました。
昭和11年頃、乾汽船株式会社を設立した乾新治氏の自宅として建築され、設計は綿業会館や 
ダイビルなどで知られる渡邊節です。
現在は神戸市が買い取り管理し、春と秋の年二回公開(要予約)しています。
b0222031_1617447.jpg

b0222031_1619113.jpg

b0222031_16202898.jpg

b0222031_1621169.jpg

b0222031_1626273.jpg

b0222031_16251126.jpg

b0222031_1622177.jpg

b0222031_1681100.jpg
b0222031_1683429.jpg
b0222031_169255.jpg
b0222031_1692585.jpg

b0222031_16285755.jpg

b0222031_16275836.jpg

b0222031_16111486.jpg

by coin-utsuwa | 2015-04-15 21:03 |

-

b0222031_2218244.jpg

モズは捕らえた獲物をその場で食べないで木の枝や有刺鉄線等に突き刺しておく習性がある。
これを速贄(はやにえ)というそうだ。
先日たまたま家の中から外の景色を見た刹那、生きたミミズをくわえたモズが庭の楓の木にやってきて
奇跡的に速贄の瞬間を目撃した。(奇跡的なことなのかどうかは??)
この習性については諸説あるが、何の為なのか解っていないようです。
by coin-utsuwa | 2015-03-18 22:20 |

或る日

b0222031_20342466.jpg

或る平日の事・・・国立国際美術館で『フォートリエ展』を鑑賞。
再築されたダイビルを横目に天満橋へ。二十四年ぶりにインディアンオムライスを食す。
その後九条へ移動し骨董店にて器を購入。

然したる事の無い或る一日の記録。
by coin-utsuwa | 2014-12-07 20:33 |

FLW

芦屋のヨドコウ迎賓館が今秋90周年を迎えたということで改めて見学に行ってきました。
フランク・ロイド・ライトが設計した灘の酒造家の元別邸。
b0222031_1437380.jpg

大谷石のエントランス
b0222031_1439889.jpg

b0222031_13113159.jpg

ライト設計のデスク・チェア
b0222031_13123135.jpg

残念なことに日本ではこれまで各地の登録有形文化財が保存の声に反し取り壊されてきました。
この迎賓館もマンションへの建て替え計画が持ち上がりましたが、市民や建築関係者から
保存を求める声が高まり残されました。
こういった文化財を残していくには莫大な維持・補修費が必要です。
阪神大震災では建物全体に亀裂が入り補修費が5億以上に達したそうです。
このように残し守り続ける人々に敬意を払わずにはいられません。
そして今後もその精神が継承されていくことを願います。
壊してしまったものは元に戻らないのですから。
by coin-utsuwa | 2014-11-02 14:37 |

製陶室


by coin-utsuwa

カテゴリ



以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

その他のジャンル